MENU

『原神』おすすめゲーミングPCと推奨スペックまとめ どのくらいなら快適?価格・用途別に選び方を解説!

原神おすすめゲーミングPCアイキャッチ

本記事では、『原神』を遊ぶために必要なスペックの紹介と、どのくらいのゲーミングPCであれば快適に遊べるかの解説をした上で、おすすめモデルを紹介します。

「たくさんモデルがあってどれを買えば良いのかわからない」「『原神』以外にも遊ぶゲームがある場合の推奨スペックが知りたい」という方は参考にしてください!

・初心者おすすめモデル → RTX4060搭載PC
・『原神』を最高設定で楽しめるモデル → RTX4060 Ti搭載PC
・4K画質で動画配信もしたい方 → RTX 4070 Ti SUPER搭載PC

当サイトでは、原神のスマホ版とPC版の違いについても解説しているので、すでにスマホでプレイしていてPC版も気になる!という方はぜひチェックしてみてください。

ゲーミングPCの選び方や注意点を詳しく知りたい方は「おすすめゲーミングPCランキング」記事を参考にしてみてください。

目次

『原神』を遊ぶのにおすすめなゲーミングPCまとめ

『原神』を遊ぶのにおすすめなゲーミングPCまとめ
by.『原神』

『原神』は、モバイル端末でもプレイできるPC対応のマルチプラットフォームのゲームですが、その中でもゲーミングPCで遊ぶのがベストです。

特に最高画質を維持して60fpsを目指すとなると、ハイエンドのモバイル端末を用意しなければならず、それでも排熱問題とバッテリーの稼働時間がネックとなりますが、ゲーミングPCであればそれらの問題はすべて解決します。

ここでは、『原神』を高画質かつ快適に遊べるモデルをいくつか紹介します。

【格安】初心者にもおすすめなエントリーモデル

NEXTGEAR JG-A5G60

CPU:Ryzen 5 4500
GPU:RTX 4060
メモリ:16GB
ストレージ:1TB NVMe SSD

メリットデメリット
価格が安い
フルHD+60fps最高画質設定が可能
あらゆるスマホ対応PCゲームを快適にプレイ可能
PC専用ゲームを高画質で遊びたい場合は、スペック不足になるタイトルがある

価格が約12万円と、ゲーミングPCの中では格安ながら、『原神』を始めとしたあらゆるスマホ対応PCゲームを快適にプレイできるモデルです。

フルHD環境であれば、最高画質設定にしても60fpsを維持できるので、『原神』をプレイするのに全く問題ない環境が手に入ります。

また、だいたいのPC専用ゲームをプレイ可能なので、ゲーミングPCゲームデビューにも最適です。

>>マウスコンピューターで商品の確認をする

【最高設定】高画質・高フレームレートで快適にプレイできるモデル

NEXTGEAR JG-A7G6T

CPU:Ryzen 7 5700X
GPU:RTX 4060 Ti
メモリ:16GB
ストレージ:1TB NVMe SSD

メリットデメリット
4Kでも60fpsが維持できる高性能モデル
PC専用ゲームも標準以上の画質でプレイ可能
性能と価格のバランスが取れた高コスパゲーミングPC
4Kでプレイする場合は専用モニターが必要

『原神』を最大限の画質でプレイしたい場合は、「RTX 4060 Ti」を搭載した人気モデルがおすすめです。

『原神』を4Kの高解像度+最高画質設定にしても遊べるので、『原神』の本来の映像を堪能することが出来ます。

PC専用タイトルでも、標準以上の画質設定で遊ぶことが可能なので、画質を重視しつつ滑らかな映像も求めているPCゲーマーにおすすめです。

>>マウスコンピューターで商品の確認をする

【高性能】4K画質や配信をする方におすすめなハイエンドモデル

NEXTGEAR JG-A7G7A

CPU:Ryzen 7 7700
GPU:RTX 4070 Ti SUPER
メモリ:16GB
ストレージ:1TB Gen4 SSD

メリットデメリット
あらゆるゲームを4Kでプレイ可能
高品質な動画配信が可能
メモリを増設すれば高性能パーツを存分に発揮できる
4K対応モニターがないと性能を発揮できない
『原神』だけをプレイするにはオーバースペック

ストリーマーとして活動したい方には、どんなゲームも最高の画質で遊びつつ動画配信が可能な、ハイエンドモデルがおすすめです。

搭載されているグラボは最新シリーズの「RTX 4070Ti SUPER」なので、『原神』を始めとしたあらゆるPCゲームを4K最高画質設定にしても60fps以上を維持することが可能です。

CPUを含め、あらゆるパーツが高性能なので、それらの性能を100%活用する場合はメモリは32GB以上は必要になってきます。

標準だと16GBなので、構成変更や別途メモリを購入して32GB以上に増設することで、動画配信をしながら4K環境でPCゲームをプレイすることが可能です。

大手ストリーマーの方たちは、だいたいこのくらいのスペックのゲーミングPCを使用しています。どんなゲームも高画質でプレイしつつ、配信の設定を下げずにプレイしたい方にもおすすめのゲーミングPCです。

>>マウスコンピューターで商品の確認をする

【ノートPC】いつでもどこでもPCゲームを遊ぶのにおすすめなモデル

NEXTGEAR J6-A5G60GN-A

CPU:Ryzen 5 7535HS 
GPU:RTX 4060 
メモリ:16GB
ストレージ:500GB Gen4 SSD

メリットデメリット
ハイスタンダードな性能を持ったノートPC
165Hz液晶パネル搭載
120fpsも実現可能
標準で500GBのストレージしかないので、多くのゲームをインストールする場合は増設が必要

ノートPCで『原神』を不自由なく遊びたい方には、こちらの「RTX 4060」搭載ゲーミングノートPCがおすすめです。

『原神』を始めとしたあらゆるPC対応スマホゲームを、最高画質にしても60~120fpsで遊べるのでスペックを気にすることなく『原神』をプレイ可能です。

液晶パネルは165Hzなので、最大120fps制限の『原神』を120fpsで遊ぶことも可能です。

高リフレッシュレートが必要なFPSなどのゲームにも万能に対応するので、安定したゲーミング性能を持ったノートPCを探している方は、とりあえずこのモデルを選んで間違いありません。

いろんなPCゲームをインストールする場合はSSD増設が必須になりますが、外付けSSDなどを用意することで簡単に容量を増やせるので検討してみてください。

>>マウスコンピューターで商品の確認をする

バッファロー
¥14,480 (2024/04/19 20:15時点 | Amazon調べ)

BTOショップによる特徴の違い

ゲーミングPCを購入する場合、BTOショップを利用するのがほとんどですが、BTOショップといっても多くの大手ショップがあるので迷ってしまう方が多いと思います。

どのショップでも取り扱っているゲーミングPC自体の性能や価格に、そこまで大きな差はありませんが、デザインやコラボモデルの種類などに差があるので、見た目や特典などのサービスで決めるのが良いでしょう。

ここでは、主要なBTOショップである「ドスパラ」「マウスコンピュータ」「パソコン工房」それぞれの特徴と、ゲーミングブランドの紹介をします。

ドスパラ【GALLERIA】

ドスパラ【GALLERIA】
by.ドスパラ

ガレリアはドスパラが展開するゲーミングPCブランドで、eスポーツ大会などにもデバイス提供をしていて、一般~プロまで幅広く親しまれています。

ドスパラ自体の大きな特徴として、「納期が早い」事が挙げられます。需要が多くて在庫が少ないもの以外はだいたい「最短翌日発送」なので、なるべく早くPCが欲しい方におすすめです。

定期的にVtuberや大手ストリーマーとのコラボモデルを販売し、特典としてステッカーなどが付属しているので、ゲーミングPCを購入する際にはコラボモデルもチェックしてみましょう。

マウスコンピューター【G-Tune】

マウスコンピューター【G-Tune】
by.マウスコンピューター

G-Tuneはマウスコンピューターが展開するゲーミングPCブランドで、プロ選手などにも数多くPCを提供しており、競技シーンでも数多く取り扱われているので、信頼性が高いです。

他のBTOショップと比べて、特に電源に余裕を持たせているので、構成変更や別途PCパーツで拡張のしやすいゲーミングPCといえます。

また、マウスコンピューターはすべての製造工程を日本国内で行っているので、安心感が高いのも人気のポイントです。

パソコン工房【Level∞】

パソコン工房【Level∞】
by.パソコン工房

Level∞は、パソコン工房が展開するゲーミングPCブランドです。

大手ストリーマー・声優・Vtuber・プロチームなど幅広いコラボモデルに加えて、ゲーム推奨モデルも数多く扱っているので、お気に入りの有名人コラボモデルがほしい方や、ハマっているゲーム推奨モデルがほしい方におすすめです。

また、細かく構成パーツを変えたモデルが多く、細かく価格帯を絞って選べるので、PCパーツにある程度知識がある方には選ぶ楽しさがあります。

『原神』の公式推奨スペック・動作環境

『原神』の公式推奨スペック・動作環境
by.『原神』

『原神』公式サイトに記載がある推奨スペックを参考に、実際にどんな状況でも不自由なくプレイできる当サイト推奨スペックを紹介します。

『原神』の公式必要スペック

OSWindows 7 SP1 64-bit、Windows 8.1 64-bit、またはWindows 10 64-bit
CPUIntel Core i5 または同等の性能を持つもの
GPUNVIDIA GeForce GT 1030及びより優れた性能をもつもの
メモリ8GB
ストレージ50GB以上の空き容量

公式がアナウンスしている必要最低限のスペックは上記のようになります。

「GT 1030」というグラボは、かなり性能が低めなので要求スペックは低めですが、この環境で『原神』をプレイする場合、画質を下げなければ30fps出るかどうか怪しいレベルです。

普通にプレイしたい場合はもっと性能が高いデバイスで遊びましょう。

『原神』の公式推奨スペック

OSWindows 7 SP1 64-bit、Windows 8.1 64-bit、またはWindows 10 64-bit
CPUIntel Core i7 または同等の性能を持つもの
GPUNVIDIA GeForce GTX 1060 6GB 及びより優れた性能をもつもの
メモリ16GB
ストレージ50GB以上の空き容量が必要

公式推奨スペックであれば、標準画質で60fpsを目指せます。

しかし、『原神』はグラフィックにこだわったアクションRPGのため、もっと高画質な環境で滑らかな描写を実現することで楽しさが倍増するタイトルです。

そのため、どんな状況でも綺麗で滑らかな映像を維持したい場合は、更に上のスペックを目指しましょう!

『原神』を本当に快適に遊ぶために必要なスペック

OSWindows 10 64-bit
CPUintel Core i5 12400 / AMD Ryzen 5 5600X
GPUNVIDIA Geforce RTX 3060
メモリ16GB
ストレージ60GB以上の空き容量があるSSD

『原神』を最高画質設定で120fpsを維持して遊ぶためのスペックは、上記のようになります。

『原神』は最大120fps制限があるゲームなので、普通のスマホゲームよりもなめらかな表現が可能なため、グラボによる恩恵が大きいゲームです。

このぐらいのスペックであれば、他のスマホ対応PCゲームも快適にプレイできるので、『原神』に適したスペックのゲーミングPCは、スマホ対応PCゲームの基準になるとも言えます。

『原神』はグラボなしでも遊ぶことはできる?

グラフィックボードを搭載してないパソコンでは、新しいCPUの内蔵GPUでない限りは『原神』を遊ぶことは出来ません。もし起動したとしても、グラフィックは荒く、画面はカクカクでとてもゲームができるとはいえません。

理由は『原神』は最低でも「GT 1030」というグラボを要求しているゲームであり、「GT 1030」のスペックと同等の内蔵GPUは「Iris Xe Graphics」くらいだからです。

性能の良い内蔵GPUでも最低スペックギリギリなので、快適に遊ぶにはグラボは必須のゲームと言えます。

基本的に『原神』のような3Dグラフィックを駆使したゲームは、たとえスマホ対応ゲームだとしてもグラボがないとまともに遊べないと思っておきましょう。

『原神』をゲーミングPCで遊ぶメリットは?

『原神』をゲーミングPCで遊ぶメリットは?
by.『原神』

『原神』をPCを版で遊ぶ際に、ゲーミングPCであるとどんなメリットがあるのか?モバイル版と比べてどんな所が優れているのかを紹介します。

解像度を上げて最高の画質でプレイできる

解像度を上げて最高の画質でプレイできる
by.『原神』

『原神』には、標準的な解像度のフルHDの他にも、最大4Kのキメが細かい解像度にも対応しています。

この高解像度に設定するには、専用のモニターが必要になりますが、高解像度で大きなモニターでプレイするとかなりの臨場感が得られます。

特に『原神』はグラフィックの作り込みが良く、ストーリーや演出にもこだわっている作品なので、高画質で遊びがいがあるゲームタイトルとなっているため、高解像度の環境で遊べるゲーミングPCは『原神』を100%楽しめるデバイスと言えるでしょう。

高品質な動画配信が可能

『原神』を動画配信したい方にとってもゲーミングPCは大きな助けとなります。

モバイル端末で動画配信も可能ですが、バッテリーの消費が激しく、充電しながらの配信をしても、発熱が激しすぎて端末の寿命低下に繋がります。

これらの問題はゲーミングPCであればすべて解決でき、PCであれば配信画面のレイアウトの変更や、各種エフェクト・3Dモデルの配置など見た目にこだわることが可能です。

画面を広く使えるので操作性が良い

画面を広く使えるので操作性が良い

モバイル版での『原神』は、指で操作する都合上、画面内に指が入り込み視認性が下がります。

また、指で押せるようにUIのボタンが大きめなので、UIで画面自体が圧迫されてしまいます。

PC版であれば、専用のUIでボタンが小さく、スッキリとした画面で操作できるので操作の快適度が段違いです。

コントローラーやキーボードなどで操作デバイスを自由に選べるのも、操作性が良いというメリットの一つです。

『原神』を遊ぶためのゲーミングPCの選び方

『原神』を遊ぶために必要なゲーミングPCを選ぶ際に、どこをポイントに選べばよいのかを解説します。

色んなモデルがあって、結局どれにしたら良いのかわからない方は、各項目の解説を参考にしてください。

予算で選ぶ

スクロールできます
価格帯クラスPC専用タイトルでのパフォーマンススマホ対応ゲームでのパフォーマンス
10万~15万エントリーあらゆるPCゲームが遊べるスペックスマホ対応ゲーム全般が快適
15万~20万ミドル144fpsが目指せるスペック4Kで遊べる
20万~25万ミドルハイ最高設定で144fps / 240fpsが目指せるスペック4K+動画配信でも余裕
25万~ハイエンド最高設定+4K画質が目指せるスペック4K+動画配信でも余裕

ゲーミングPCは、搭載されているパーツで価格がある程度決まるので、どのくらいのことができるかは価格で把握できます。

『原神』はモバイル端末でも遊べるスペックのゲームなので、エントリークラスのゲーミングPCで十分快適に遊べます。

PC専用ゲームでも、スペックに困りたくない方はミドル~ミドルハイの価格帯のPCを購入すると良いでしょう。

動画配信のネタとしてPCゲームを遊ぶ時に、スペックに困りたくない方には、超重量級のPCゲームでもサクサク動くハイエンドモデルがおすすめです。

フレームレートや画質で選ぶ

  • 『原神』が不自由なく遊べれば良い→RTX 4060搭載PC
  • 4Kの最高画質で遊びたい→RTX 4060 Ti搭載PC
  • 4Kで遊びつつ動画配信もしたい→RTX 4070 Ti SUPER搭載PC

とりあえず普通に『原神』を遊べれば良い方には「RTX 4060搭載PC」がベストですが、高解像度でのプレイや、動画配信、色んなPCゲームでもスペックに困りたくない、という場合にはそれなりに要求スペックが上がります。

そのため、上記の例のように自分が『原神』を遊ぶという目的に加えて付加価値を求める場合は、それぞれ適したゲーミングPCを選ぶことが必要です。

本記事では、それぞれの目的に応じたモデルを紹介しているので、「おすすめパソコン一覧」から自身が求めるゲーミングPCを選んでみてください。

デスクトップかノートPCかで選ぶ

デスクトップ
ノートPC
  • 拡張性が高い
  • 価格がノートに比べて安め
  • モデルが多い
  • 持ち運びやすい
  • スペースを節約できる
  • デスクトップに比べてパーツの性能が抑えられている

デスクトップとノートPCどちらにするか迷っている方は、主に設置スペースと価格面で決めると良いでしょう。

設置スペースに余裕があって、高性能なパーツを搭載したゲーミングPCが欲しい方にはデスクトップPCがおすすめです。拡張性も高いので、将来スペックアップする事もできるのでコスパも良いです。

ノートPCの一番のメリットは、「省スペース」「持ち運べる」という点です。

頻繁にベッドの上や、リビングなどでPCを扱いたい方におすすめです。その代わり、パーツの性能は発熱を抑えるために控えめなので、ハイエンドのデスクトップ並みの性能を求める場合はかなり価格が高くなります。

『原神』以外のPCゲームを遊びたいかで選ぶ

『原神』だけを遊ぶ場合は、そこまで高い性能のゲーミングPCは必要ありませんが、PC専用タイトルも幅広く遊ぶ場合はスペックに余裕を持つことが必要です。

遊ぶ予定のあるゲームの「推奨スペック」を参考に、それよりも少し上の性能を持ったゲーミングPCを用意しましょう。

パーツを見てもよくわからない場合は、「予算で選ぶ」を参考に、価格でゲーミングPCを選ぶのもアリです。

『原神』におすすめのゲーミングと推奨スペックまとめ

・初心者おすすめモデル → RTX4060搭載PC
・『原神』を最高設定で楽しめるモデル → RTX4060 Ti搭載PC
・4K画質で動画配信もしたい方 → RTX 4070 Ti SUPER搭載PC

『原神』は、HOYOVERSEが誇るグラフィックの作り込みが高評価の大人気ゲームです。

ストーリーも評判がよく、バトルも含めた演出を100%堪能するためには、ゲーミングPCで『原神』を遊ぶのが一番おすすめです。

本記事では、それぞれの目的に応じたおすすめゲーミングPCを紹介しているので、自身の求める環境に合ったモデルを選んでみてください!

目次