MENU

ストリートファイター6の推奨スペック・ゲーミングPCおすすめモデルまとめ PS5よりも快適な環境のPC版で楽しもう

スト6おすすめPCアイキャッチ

大人気格闘ゲーム『スト6』は、ゲーミングPCで遊ぶことでかなり快適に遊べるので、ぜひ最適なゲーミングPC選びをして対戦で優位に立ちたいゲームです。

本記事では、『スト6』を遊ぶために必要なスペックの紹介と、どのくらいのゲーミングPCであれば快適に遊べるかの解説をした上で、おすすめモデルを紹介します。

モデル
NEXTGEAR JG-A5G60

NEXTGEAR JG-A7G6T

NEXTGEAR JG-A7G7A

NEXTGEAR J6-A5G60GN-A
CPURyzen 5 4500Ryzen 7 5700XRyzen 7 7700 Ryzen 5 7535HS
GPURTX 4060RTX 4060 TiRTX 4070 Ti SUPERRTX 4060
メモリ16GB16GB16GB 16GB
ストレージ1TB (NVMe) SSD1TB (Gen4)SSD1TB (Gen4)SSD500GB (Gen4)SSD
目的格安で60fpsに貼り付けるモデル高画質60fps張り付きを安定して維持できるモデル動画配信をしたい方高性能モニターのゲーミングノートが欲しい
目次

スト6を推奨スペック超えで遊べるゲーミングPCおすすめモデルまとめ

スト6を推奨スペック超えで遊べるゲーミングPCおすすめモデルまとめ
by.ストリートファイター6公式サイト

『スト6』は対戦環境をベストに保たなければまともに遊べないので、ゲーミングPCもそこそこの性能が必要になってきます。

ここでは、『スト6』を高画質かつ快適に遊べるモデルをいくつか紹介します。

【格安で安定】最安値で遊べる推奨スペック超えのゲーミングPC

NEXTGEAR JG-A5G60

CPU:Ryzen 5 4500
GPU:RTX 4060
メモリ:16GB
ストレージ:1TB NVMe SSD

メリットデメリット
価格が安い
安定して60fpsでプレイ可能
格闘ゲーム全般を安定して遊べる
最高画質設定のバトルハブやワールドツアーはカクつく時がある

『スト6』をなるべく安く、かつ安定して遊べるゲーミングPCが欲しい!という方にはこちらのエントリーモデルがおすすめ。

安定して『スト6』の対戦を60fpsで維持できるので、ガチで対戦に望む方も安心です。

最高画質設定のバトルハブやワールドツアーはカクつく時があるので、標準くらいに設定を落とせば問題なく遊べます。

>>マウスコンピューターで商品の確認をする

【最高設定】高画質60fps安定で快適にプレイできるモデル

NEXTGEAR JG-A7G6T

CPU:Ryzen 7 5700X
GPU:RTX 4060 Ti
メモリ:16GB
ストレージ:1TB NVMe SSD

メリットデメリット
ワールドツアーなどを最高画質の120fpsを維持して遊べるPC専用ゲームを標準以上の画質でプレイ可能
性能と価格のバランスが取れた高コスパゲーミングPC
144Hz以上対応のモニターが必須

『スト6』の全モードを最高画質かつ上限fps張り付きで遊びたい、色んなPCゲームを高画質で遊びたいという方には、こちらのミドルスペックがおすすめ。

『スト6』のワールドツアー、バトルハブ、対戦それぞれ最高画質でも上限fps安定で遊べるので、『スト6』を100%堪能できるゲーミングPCです。

他のPCゲームを遊ぶ場合でも困ることがないので、高水準なゲーミングPCを求めている方はバランスとコスパが良い本モデルがぴったりです。

>>マウスコンピューターで商品の確認をする

【配信向け】動画配信をする方におすすめなハイエンドモデル

NEXTGEAR JG-A7G7A

CPU:Ryzen 7 7700
GPU:RTX 4070 Ti SUPER
メモリ:16GB
ストレージ:1TB Gen4 SSD

メリットデメリット
最高画質設定でも動画配信を快適に行える
あらゆるPCゲームを高解像度で遊べる
メモリを増設すれば高性能パーツを存分に発揮できる
4Kや高Hz対応モニターがないと性能を発揮できない
『スト6』だけをプレイするにはオーバースペック

『スト6』で3Dモデルを配置した動画配信をしたい、どんなゲームも最高の画質で遊びたいという方にはこちらのハイエンドモデルがおすすめ。

メモリを32GB以上に構成変更で増設する必要がありますが、「Vtube Studio」などを使用して動画配信をしても安定して『スト6』がサクサク動くので、高品質な動画配信を行うことができます。

他のPCゲームを題材にするときも安定して動作するので、「スペックがキツイからこのゲームは配信できないなあ…」とならない、頼もしいゲーミングPCです。

>>マウスコンピューターで商品の確認をする

【ノートPC】いつでもどこでもPCゲームを遊ぶのにおすすめなモデル

NEXTGEAR J6-A5G60GN-A

CPU:Ryzen 5 7535HS 
GPU:RTX 4060 
メモリ:16GB
ストレージ:500GB Gen4 SSD

メリットデメリット
ハイスタンダードな性能を持ったノートPC
165Hz液晶パネル搭載
標準画質設定60fps張り付きが可能
標準で500GBのストレージしかないので、多くのゲームをインストールする場合は増設が必要

場所を選ばずにノートPCで『スト6』を不自由なく遊びたい方には、こちらの「RTX 4060」搭載ゲーミングノートPCがおすすめ。

『スト6』を標準画質設定でも60fps安定で遊べるので、対戦に支障が出ることは無くガチの対戦を楽しめます。

多くのゲームをインストールする場合は、SSD増設が必須になりますが、外付けSSDなどを用意することで簡単に容量を増やせるので検討してみてください。

>>マウスコンピューターで商品の確認をする

BTOショップによる特徴の違い

ゲーミングPCを購入する場合、BTOショップを利用するのがほとんどですが、BTOショップといっても多くの大手ショップがあるので迷ってしまう方が多いと思います。

どのショップでも取り扱っているゲーミングPC自体の性能や価格に、そこまで大きな差はありませんが、デザインやコラボモデルの種類などに差があるので、見た目や特典などのサービスで決めるのが良いでしょう。

ここでは、主要なBTOショップである「ドスパラ」「マウスコンピュータ」「パソコン工房」それぞれの特徴と、ゲーミングブランドの紹介をします。

ドスパラ【GALLERIA】

ドスパラ【GALLERIA】
by.ドスパラ

ガレリアはドスパラが展開するゲーミングPCブランドで、eスポーツ大会などにもデバイス提供をしていて、一般~プロまで幅広く親しまれています。

ドスパラ自体の大きな特徴として、「納期が早い」事が挙げられます。需要が多くて在庫が少ないもの以外はだいたい「最短翌日発送」なので、なるべく早くPCが欲しい方におすすめです。

定期的にVtuberや大手ストリーマーとのコラボモデルを販売し、特典としてステッカーなどが付属しているので、ゲーミングPCを購入する際にはコラボモデルもチェックしてみましょう。

マウスコンピューター【G-Tune】

マウスコンピューター【G-Tune】
by.マウスコンピューター

G-Tuneはマウスコンピューターが展開するゲーミングPCブランドで、プロ選手などにも数多くPCを提供しており、競技シーンでも数多く取り扱われているので、信頼性が高いです。

他のBTOショップと比べて、特に電源に余裕を持たせているので、構成変更やパーツを増設したりと拡張のしやすいゲーミングPCといえます。

また、マウスコンピューターはすべての製造工程を日本国内で行っているので、安心感が高いのも人気のポイントです。

パソコン工房【Level∞】

パソコン工房【Level∞】
by.パソコン工房

Level∞は、パソコン工房が展開するゲーミングPCブランドです。

大手ストリーマー・声優・Vtuber・プロチームなど幅広いコラボモデルに加えて、ゲーム推奨モデルも数多く扱っているので、お気に入りの有名人コラボモデルがほしい方や、ハマっているゲーム推奨モデルがほしい方におすすめです。

また、細かく構成パーツを変えたモデルが多く、細かく価格帯を絞って選べるので、PCパーツにある程度知識がある方には選ぶ楽しさがあります。

『スト6』の公式推奨スペック・動作環境

『スト6』の公式推奨スペック・動作環境
by.ストリートファイター6公式サイト

『スト6』公式サイトに記載がある推奨スペックを参考に、実際にどんな状況でも不自由なくプレイできる当サイト推奨スペックを紹介します。

『スト6』の公式必要スペック

OS64-bit Windows 10・11
CPUIntel Core i5-7500 / AMD Ryzen 3 1200
GPUGTX1060 (VRAM 6GB) / Radeon RX 580 (VRAM 4GB)
メモリ8GB
ストレージ60GB以上の空き容量

公式がアナウンスしている必要最低限のスペックは上記のようになります。

「GT 1060」クラスのグラボは、一昔前のゲーミングPCのミドルくらいですが、この環境で『スト6』をプレイする場合、画質を下げなければ60fpsが怪しく、バトルハブなどへの入場は厳しいレベルです。

60fpsを維持できない環境では格闘ゲームでは勝負にすらならないので、勝ちたいのであればもっと性能が高いPCで遊びましょう。

『スト6』の公式推奨スペック

OS64-bit Windows 10・11
CPUIntel Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
GPURTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリ16GB
ストレージ60GB以上の空き容量が必要

公式推奨スペックであれば、標準画質で60fpsを目指せます。

しかし、『スト6』はバトルハブなどでもコミュニケーションを広げられるゲームなので、できれば高画質設定でもバトルハブでカクつかないスペックが欲しいところです。

そのため、どんな状況でも高画質設定でカクつかないゲーミングPCを求める場合は、更に上のスペックを目指しましょう!

『スト6』を本当に快適に遊ぶために必要なスペック

OSWindows 10・11 64-bit
CPUintel Core i5 13500 / AMD Ryzen 7 5700X
GPUNVIDIA Geforce RTX 4060Ti
メモリ16GB
ストレージ60GB以上の空き容量があるSSD

『スト6』を高画質設定で60fpsを維持して遊ぶためのスペックは、上記のようになります。

『スト6』はガチでもガチでなくとも60fpsを絶対に安定させないと、相手に迷惑がかかるゲームなのでできるだけ推奨スペックよりも一回り上のゲーミングPCがあると安心です。

他の格闘ゲームを遊ぶ場合、特に3D格闘ゲームの『鉄拳8』も視野に入れるならこのくらいは必要なので「NEXTGEAR JG-A7G6T」くらいのモデルを基準に選ぶと良いでしょう。

『スト6』はグラボなしでも遊ぶことはできる?

グラフィックボードを搭載してないパソコンでは、『スト6』を遊ぶことは出来ません。もし起動したとしても、グラフィックは荒く、画面はカクカクでとてもゲームができるとはいえません。

理由は『スト6』を60fpsで遊ぶための要求グラボが、最低でも「GTX 1060」というグラボを要求しているゲームであり、「GTX 1060」のスペックと同等の内蔵GPUは無いからです。

また、『スト6』は自分が低スペックだと相手の画面もカクつくので、あらゆる人に対戦拒否されて相手が居なくなってしまうことに繋がります。

基本的に『スト6』のような格闘ゲームは、グラボがあるゲーム用のPCでないとまともに遊べないと思っておきましょう。

スト6はPS5とPCどっちがおすすめ?

動画配信や遅延などを考慮する場合は、PCが理想的です。

なぜなら、動画配信に関しては配信画面のレイアウトやディスコードでの通話などの細かな部分でのスムーズさが、PS5とPCで圧倒的に変わるからです。

遅延に関してはプロが体感するかどうかというレベルなので、一般人の我々がそこまで神経質になる必要はありませんが、多くのプロがPC版で遊んでいるということはPC版で遊ぶのが安定と言えます。

『スト6』をゲーミングPCで遊ぶメリットは?

『スト6』をゲーミングPCで遊ぶメリットは?
by.ストリートファイター6公式サイト

『スト6』をPC版で遊ぶ際に、ゲーミングPCであるとどんなメリットがあるのか?ゲーム機版と比べてどんな所が優れているのかを紹介します。

バトルハブがサクサク遊べる

バトルハブやワールドツアーがサクサク遊べる
by.ストリートファイター6公式サイト

『スト6』が格ゲー界に革命を起こしたとも言えるコンテンツの一つがバトルハブです。

今まで孤独な戦いのイメージだった格闘ゲームを一気にイメージチェンジするコンテンツとなったバトルハブは、ちょっと遊んだり息抜きに人と絡んだりと様々なことに利用できます。

ただ、このバトルハブは人が多いチャンネルに行くとそこそこ負荷が高くなるので、あまり低いスペックのPCや旧世代ゲーム機のPS4などでは快適に利用できないどころかゲームが落ちる可能性が高いです。

そのため、バトルハブでイベントに参加したいと思っている方には、スペックに余裕のあるゲーミングPCがおすすめです。

高品質な動画配信が可能

高品質な動画配信が可能
by.ストリートファイター6公式サイト

『スト6』を動画配信したい方にとってもゲーミングPCは大きな助けとなります。

ゲーム機でも動画配信は可能ですが、安定したfpsを維持しながら高画質な動画配信をしたり、3Dモデルを配置したVtuberとしての活動はゲーミングPCでしか行えません。

コミュニティ大会がたくさん行われる『スト6』は、配信者として参入するのにも非常に適しているので、ぜひゲーミングPCで『スト6』配信者デビューを目指してください!

上限が60fpsだけどオーバースペック気味が理想

上限が60fpsだけどオーバースペック気味が理想
by.ストリートファイター6公式サイト

『スト6』を始めとした格ゲーは60fpsが上限で、キャラの動きも秒間60コマで構成されています。

そのため、「60fpsでいいならそんな高い性能のPCじゃなくてもいいんじゃない?」と思うかもしれませんが、がっちりどんな状況でも60fpsに張り付くのが条件となると、推奨スペックギリギリのPCは厳しいです。

特に今作はインパクトやドライブラッシュなどで暗転やエフェクトが激しく出るので、ギリギリのスペックだとその分コマ飛びする可能性があり、自分もそうですが相手にも迷惑がかかってしまうので推奨より余裕のあるゲーミングPCが理想的です。

『スト6』を遊ぶためのゲーミングPCの選び方

『スト6』を遊ぶために必要なゲーミングPCを選ぶ際に、どこをポイントに選べばよいのかを解説します。

色んなモデルがあって、結局どれにしたら良いのかわからない方は、各項目の解説を参考にしてください。

予算で選ぶ

スクロールできます
価格帯クラスPC専用タイトルでのパフォーマンススマホ対応ゲームでのパフォーマンス
10万~15万エントリーだいたいの格闘ゲームが普通に遊べるスペックスマホ対応ゲーム全般が快適
15万~20万ミドル高画質設定で色々遊べるスペック4Kで遊べる
20万~25万ミドルハイ最高設定で動画配信が目指せるスペック4K+動画配信でも余裕
25万~ハイエンド色んなゲームを最高画質設定にしても動画配信が余裕でできるスペック4K+動画配信でも余裕

ゲーミングPCは、搭載されているパーツで価格がある程度決まるので、どのくらいのことができるかは価格で把握できます。

『スト6』はfpsが非常に重要なゲームなので、ミドルクラス以上のゲーミングPCが理想です。

PC専用ゲームでも、スペックに困りたくない方はミドル~ミドルハイの価格帯のPCを購入すると良いでしょう。

動画配信のネタとしてPCゲームを遊ぶ時に、スペックに困りたくない方には、超重量級のPCゲームでもサクサク動くハイエンドモデルがおすすめです。

フレームレートや画質で選ぶ

とりあえず普通に『スト6』を遊べて、なるべく安く済ませたい方には「NEXTGEAR JG-A5G60」がベストですが、動画配信、色んなPCゲームでもスペックに困りたくない、という場合にはそれなりに要求スペックが上がります。

そのため、上記の例のように自分が『スト6』を遊ぶという目的に加えて付加価値を求める場合は、それぞれ適したゲーミングPCを選ぶことが必要です。

本記事では、それぞれの目的に応じたモデルを紹介しているので、「おすすめパソコン一覧」から自身が求めるゲーミングPCを選んでみてください。

デスクトップかノートPCかで選ぶ

デスクトップ
ノートPC
  • 拡張性が高い
  • 価格がノートに比べて安め
  • モデルが多い
  • 持ち運びやすい
  • スペースを節約できる
  • デスクトップに比べてパーツの性能が抑えられている

デスクトップとノートPCどちらにするか迷っている方は、主に設置スペースと価格面で決めると良いでしょう。

設置スペースに余裕があって、高性能なパーツを搭載したゲーミングPCが欲しい方にはデスクトップPCがおすすめです。拡張性も高いので、将来スペックアップする事もできるのでコスパも良いです。

ノートPCの一番のメリットは、「省スペース」「持ち運べる」という点です。

頻繁にベッドの上や、リビングなどでPCを扱いたい方におすすめです。その代わり、パーツの性能は発熱を抑えるために控えめなので、ハイエンドのデスクトップ並みの性能を求める場合はかなり価格が高くなります。

『スト6』以外のPCゲームを遊びたいかで選ぶ

『スト6』だけを対戦メインで遊ぶ場合は、そこまで高い性能のゲーミングPCは必要ありませんが、他のジャンルも幅広く遊ぶ場合はスペックに余裕を持つことが必要です。

特に画質を重視したグラフィックへの負荷が高いRPGなどを高画質な環境で遊ぶ場合は、最低でもミドルスペック以上のゲーミングPCが必要です。

遊ぶ予定のあるゲームの「推奨スペック」を参考に、それよりも少し上の性能を持ったゲーミングPCを用意しましょう。

パーツを見てもよくわからない場合は、「予算で選ぶ」を参考に、価格でゲーミングPCを選ぶのもアリです。

『スト6』おすすめゲーミングPCに関するよくある質問

スト6でド安定なゲーミングPCのスペックは?
CPUIntel Core i5以上/AMD Ryzen 5上
GPURTX 4060以上
メモリ16GB以上

スト6を60fps張り付きでプレイするには、上記のスペックが必要です。

ミドルスペックくらいが要求されるため、15万円前後クラスのゲーミングPCを選びましょう。

スト6を動画配信できるスペックのゲーミングPCの値段は?

スト6を動画配信できるゲーミングPCの値段は、15~20万円程度が目安となります。

10万円前後のエントリーモデルゲーミングPCでも設定を下げれば配信できますが、高画質かつ3Dモデルを使いたいとなると比例して要求スペックと価格は上がります。

どれくらいの環境で配信したいかによって、必要な予算は異なります。

スト6はノートパソコンでもプレイできる?

ゲーミングノートパソコンであれば、スト6をプレイできます。

ただし、プレイスタイルによっては画面のサイズがネックとなる場合があります。

通常のノートパソコンはグラボを搭載していないため、スト6をプレイするときは必ずゲーミングノートパソコンを選ぶようにしましょう。

スト6は普通のパソコンでもプレイできる?

一般的なPCというと「ゲーム用ではないグラボ非搭載のPC」ですが、普通のPCではスト6をプレイできません。

一般的なPCはゲームをプレイする用途を想定していないため、グラボを搭載していないモデルがほとんどですのでスト6をプレイするには向いていません。

スト6はアケコンとかレバーレスが最強?

スト6においてデバイス差は全くありません。

大会優勝者はパッドの人もいっぱい居ますし、もちろんアケコンやレバーレスの人も居ます。

要は慣れたデバイスでやり込むのが一番ということです。

『スト6』におすすめのゲーミングと推奨スペックまとめ

モデル
NEXTGEAR JG-A5G60

NEXTGEAR JG-A7G6T

NEXTGEAR JG-A7G7A

NEXTGEAR J6-A5G60GN-A
CPURyzen 5 4500Ryzen 7 5700XRyzen 7 7700 Ryzen 5 7535HS
GPURTX 4060RTX 4060 TiRTX 4070 Ti SUPERRTX 4060
メモリ16GB16GB16GB 16GB
ストレージ1TB (NVMe) SSD1TB (Gen4)SSD1TB (Gen4)SSD500GB (Gen4)SSD
目的格安で60fpsに貼り付けるモデル高画質60fps張り付きを安定して維持できるモデル動画配信をしたい方高性能モニターのゲーミングノートが欲しい

『スト6』は初心者も入りやすく、人口も多くてストリーマーも多く参加するイベントもたくさんあるので、やりがいがある格ゲーです。

自分も動画配信したり、イベントに参加して腕前を試したい!と思っているなら、本記事で遊べる環境別におすすめモデルを紹介しているので、ゲーミングPC選びの参考にしてください!

目次